ココットの『エイジングケア日記』動画をご覧の方はこちら

 

『感染予防』にも『妊活』にも両方に効く栄養素って?​動画をご覧の方はこちら

このページは

​日々更新中

 

​ココットの『エイジングケア日記』動画をご覧の方へ

IMG_6284.jpg

年齢とともに月経周期が微妙に短縮したり乱れたり...

それは、ホルモン量が低下しているだけではなく、

ホルモンの受け手になるアンテナのようなも のが年齢とともに少なくなって、

ホルモンに反応しにくくなってくるからです。

これは、ホルモン剤を服用するようなメディカルケアだけでは不十分な老化のサインです。 このような場合、DNAケアが必要です。

IMG_6284.jpg

年齢とともに妊娠率が下がるということについては、卵子ならではの特徴があります。

それは、皮膚や消化管の細胞などが適時入れ替わっているのに対して、

卵子は生まれ持ったもの をずっと使い続けているからです。

しかし、分子レベルもしくはDNAレベルで見ると、中身は入れ替わっています。

この入れ替わり が正確に行われていれば、妊娠率は低下しません。

卵子の中身の入れ替わりは、お薬を服用するなどのメディカルケアではなくDNAケアが必要です。

IMG_6285.jpg

年齢とともに、冷えを自覚する方が増えています。

その要因として、エネルギーの産生工場であり、

かつゴミ処理場である「ミトコンドリア」の老化と、新陳代謝が下がってくることが考えられます。

元気な心と体を維持するために必要なエネルギーを十分に生み出せているかどうかを簡単に知る 方法が基礎体温です。

卵胞期=低温期と言われている、生理の初日から排卵までの基礎体温が 36.30°C以下の場合には、

ミトコンドリアでのエネルギー産生力が弱いタイプと考えられます。 新陳代謝や体温調整には、甲状腺の働きも大きく関係します。

卵胞期の基礎体温が36.30°C以下の 場合には、甲状腺機能をチェックするという方法もあります。

甲状腺機能にはストレスや腸内環境が深く関わっているので、

甲状腺機能を改善するお薬等を服 用するメディカルケアで改善しない場合は、DNAケアが必要です。

IMG_6286.jpg

年齢とともに妊娠率が下がるということについては、卵子ならではの特徴があります。

それは、皮膚や消化管の細胞などが適時入れ替わっているのに対して、

卵子は生まれ持ったもの をずっと使い続けているからです。

しかし、分子レベルもしくはDNAレベルで見ると、中身は入れ替わっています。

この入れ替わり が正確に行われていれば、妊娠率は低下しません。

卵子の中身の入れ替わりは、お薬を服用するなどのメディカルケアではなくDNAケアが必要です。

IMG_6287.jpg

年齢とともに妊娠率が下がるということについては、卵子ならではの特徴があります。

それは、皮膚や消化管の細胞などが適時入れ替わっているのに対して、

卵子は生まれ持ったもの をずっと使い続けているからです。

しかし、分子レベルもしくはDNAレベルで見ると、中身は入れ替わっています。

この入れ替わり が正確に行われていれば、妊娠率は低下しません。

卵子の中身の入れ替わりは、お薬を服用するなどのメディカルケアではなくDNAケアが必要です。

IMG_6288.jpg

年齢とともに妊娠率が下がるということについては、卵子ならではの特徴があります。

それは、皮膚や消化管の細胞などが適時入れ替わっているのに対して、

卵子は生まれ持ったもの をずっと使い続けているからです。

しかし、分子レベルもしくはDNAレベルで見ると、中身は入れ替わっています。

この入れ替わり が正確に行われていれば、妊娠率は低下しません。

卵子の中身の入れ替わりは、お薬を服用するなどのメディカルケアではなくDNAケアが必要です。

IMG_6288.jpg

年齢とともに妊娠率が下がるということについては、卵子ならではの特徴があります。

それは、皮膚や消化管の細胞などが適時入れ替わっているのに対して、

卵子は生まれ持ったもの をずっと使い続けているからです。

しかし、分子レベルもしくはDNAレベルで見ると、中身は入れ替わっています。

この入れ替わり が正確に行われていれば、妊娠率は低下しません。

卵子の中身の入れ替わりは、お薬を服用するなどのメディカルケアではなくDNAケアが必要です。

もっと詳しく知りたい!という方へ

・LINEお友だち追加

・メールアドレスのご登録

をして下さった方限定で上記のお話しの続きをお送りします。

また、お友だち限定動画配信やヘルスケア情報​も定期的にお送りするので是非登録して下さいね♡

 

『感染予防』にも『妊活』にも両方に効く栄養素って?​動画をご覧の方へ

IMG_3782 (1).jpg

​上記にチェックがついた方はこちら⇒高齢不妊の方向けリンクページへ

image.png
image0.jpeg
image2.png

①女性の約9割以上で、ビタミンDの摂取量が不足していることが知られています。

(全国食品消費量調査Ⅱより)

そのほとんどの人は無症状で、不足していることに気が付かないでいるので注意が必要です。

↓体質チェックしてみましょう 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【~ビタミンD~セルフケア】

 

『手のひらを太陽に!』

1日に必要とされているビタミンDを日光浴のみで生成するのに必要な日光浴の方法です。 

 

●日光浴の部位: 

「手のひら」

→シミが気になる方でも「手のひら」なら気になりにくいからです。

 

●日光浴の必要時間:

同じ日本でも「緯度」によっても「季節」によってもずいぶん変わります。

時間帯は12時⇒9時⇒15時の順でおすすめです。

詳しくは下の表をご活用ください。

 

 

●とはいえ、「そんな時間がない」「日焼けしたくない」という方は…。 

若返りのためのDNAケアで最もお手軽に摂れるもの、

それがビタミンDのサプリメントと言えるでしょう。

クリニックユースのサプリメントを活用したい方はこちら⇒ECサイトへ

その際には「活性型のビタミンD3」と表記されているものがお勧めです。

➡︎「活性型のビタミンD3」の情報含め

もっと深く「ビタミンD」についてお知りになりたい方はこちら

 

④きのこ類に含まれるRNA合成酵素阻害物質がウィルスの増殖を抑えることが知られています。

さらには舞茸などのきのこ類に含まれる様々な“小さなRNAの断片(マイクロRNAという)”や

DNA編集に関わる酵素などにも注目が集まっています。

 

⑤きのこ類はビタミンDを豊富に含む他、

食物繊維や免疫効果を高めるβグルカンも豊富に含んでいます。

 

新型コロナウィルス感染のことも併せて考えると、

この時期にはきのこ類からもビタミンDを摂取することがお勧めです。

 

⑥特に舞茸には、『グリスリン』という成分が含まれ、

不妊の原因といわれるPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)や月経不順の改善が期待できます。

→インスリン抵抗性と妊娠について詳しくお知りになりたい方はこちら 

 

古代からの知恵に加えて最新科学でも注目されている

舞茸などのきのこ類を活用しない手はないですよね。

↓体質チェックしてみましょう 

 

 

 

 

 

 

 

 

【~舞茸~セルフケア】

 

免疫強化にも、妊活にも良い栄養素「舞茸」

●舞茸は汁まで飲もう!

 

調理方法: 

舞茸の有効成分は水溶性で水に溶け出てしまう為、

焼いたり蒸したりするとせっかくの成分が流れ出てしまいます。

オススメは、スープや鍋に入れて煮汁まで全部飲んでしまうこと。

食材で舞茸を摂取するとしたら?

1日2~3房が目安です。

 

●とはいえ「毎日その量を摂るのは難しい」とお感じの方は 

舞茸サプリメントの活用もセルフケアのひとつです。​

なかでも『特殊製法』によって、前期の成分のほか

舞茸(植物)が持つ遺伝子の断片「マイクロRNA」がそのまま丸ごと

カプセル詰めされたタイプであることが、

効果を期待して使用する際の最も重要なポイントです。

舞茸や高容量のビタミンDの他、

妊娠にも感染予防にも必要な40種類の栄養素を網羅した欲張りなセット
(クリニックユースの処方)も期間限定でご案内中です!

クリニックユースのサプリメントを活用したい方はこちら⇒ECサイトへ​

もっと深く【ビタミンD】について 

ビタミンDは、どれくらい摂取すればよいのでしょうか。
アメリカの分子栄養学会は、1日あたり必要摂取量を、最初2週間は集中して10,000IU、その後体重に応じて2,000~5,000IUとしています。

※IU×0.025=μg
ただ、この量を毎日食事から摂取することは難しいので、私たちはサプリメントの活用もお勧めしています。
さらに、ビタミンDを摂取するタイミングも重要です。ビタミンDは脂溶性ビタミンなので、特に妊娠を望む方は注意が必要です。
※ビタミンDは単体でなく総合的に取るのが大事!をどう表現するか、要検討

ビタミンDの役割は?
ビタミンDの本体は、進化論的にはエストロゲンやテストステロン、甲状腺ホルモンと全く同一の起源を持っていて、必要に応じて分化していきました。他のビタミンとは全く意味合いが違っていて、必要に応じて分化してミネラルや免疫、ホルモンに繋がり、核内受容体スーパーファミリーという概念に繋がっていきます。

 

②『ビタミンD』という名称からビタミン(極微量に存在することによって大切な働きを担っているもの)という印象を受けますが、その成り立ちや働きを考えると、ホルモン(女性ホルモンなどのように)の一種と捉えた方がよいのかもしれません。

 

③ビタミンDは、ほかのビタミン(BやCなど)と違って、細胞の核の中まで入っていってDNAに直接結合することによって、そのスイッチの切り替えを行なっています。

 

②③からも、女性ホルモンが作られるためにも免疫機能を維持するためにも、とても重要な役割を担っているということがわかります。

→もっと深く学びたい方はこちら→学校ページへ



いちばん最初の前駆体(プロビタミンD)は日光で代謝されるとすると、ほとんど日が当たらない地域の人たちはビタミンD欠乏症になるのでしょうか。
例えば、イヌイットの人たちは、ビタミンDの代謝効率がとてもよく、少量のビタミンDでも活用できるという遺伝子多型を持った民族です。また、環境上彼らは野菜をほとんど食べずアザラシの肉などを食べていますが、その中からビタミンDを摂取したり、野菜の代わりのものを摂取したりと、その系統の遺伝子のスイッチがONになっています。さらに、本来母乳にはビタミンDはほとんど含まれていませんが、イヌイットの人たちの母乳にはプロビタミンとしてのビタミンDが多く含まれています。

もっと深く【インスリン抵抗性と妊娠】について

image1.jpeg
image4.png
image0 (1).jpeg
image3.png
 
image (1).png